はじめに

今年のテーマである「TOKI」は、”新型コロナウイルスの影響で失われた時を取り戻そう”と言う意味と、絶滅寸前から復活を遂げた朱鷺になぞらえ、”復活”と言う意味を込めました。

桜花祭実行委員長の挨拶

桜花祭実行委員長
八向 航(高2)
今回は対面での実施は生徒のみになりますが、無事に第17回桜花祭を開催できたことを嬉しく思います。このコロナ禍の昨今、このような大きなイベントを開催できたのは、生徒会や桜花祭実行委員、先生方、そして何よりも生徒の皆さんのご協力があってこそだと、とても強く感じています。
昨年度のオンライン桜花祭と、今年度の二年間桜花祭実行委員長を務めていますが、形式が違えど毎年毎年進化しているな、という風に思わされます。そして、今年度も生徒会企画の拡大等、新しい取り組みを多く取り入れています。生徒一人ひとりが全力でもてなし、楽しむ、これが桜花祭の良さだと思っています。
第17回の桜花祭の企画数は80個以上あります。ぜひ桜花祭を余すところなくお楽しみください!

生徒会総務の挨拶

生徒会会長
金澤 実純(高2)
皆さん、こんにちは!
第17回桜花祭を対面で実現出来たこと、とても嬉しく思います。新型コロナウイルスの影響により、昨年はオンライン開催、また今年は生徒のみでの開催となりました。以前の桜花祭をよく知らない、よく覚えていないという人も多いのではないでしょうか。その上で制約が多く、スケジュールもタイトな中、皆さんの協力のおかげで開催できること、感謝します。ありがとうございます!
今年のテーマは「TOKI」です。コロナウイルスで失われた「時」を取り戻そうという意味と、絶滅の危機から復活を遂げた「朱鷺」のように桜花祭を再び盛り上げていこうという意味を込めました。しかし、桜花祭を元通りに戻そうとしているわけではありません。これを機に、また新たに成長、更新していければと思っています。今年しかできない、私たちの桜花祭を全力で楽しみ、盛り上げていきましょう!

ポスター紹介

黄色を基調にある流れに向かう何種類かの動物を描くことで、生徒一人一人がひとつの目標に向かって進んでいき、かつひとつのテーマに縛られすぎない桜花祭をイメージしました。

当日の様子

今年の桜花祭は在校生限定で開催しましたが、その様子の一部を動画と写真にてご紹介します。 大壁画など生徒たち渾身の作品はもちろんのこと、クラブ活動の発表などを是非ご覧ください。

動画ラインナップ

今年の桜花祭は一部をオンラインで実施し、オンラインとリアルのハイブリットで開催しました。今年もバラエティに富んだ様々なラインナップとなりました。全動画の中から一部ではありますが、作品をご紹介します。
動画ラインナップ再生リスト
再生リスト一覧より、掲載されている動画をまとめてご覧いただけます。

桜花祭2020

2020年度の桜花祭の様子は以下よりご覧いただけます。昨年度はオンラインのみの開催で行いました。